Mosalogy

会社辞めてハーバードの大学院に来ちゃった感じ

そろそろ実名で活動をした方がいいのだろうか

SNSが発達してるこの時代。

使い方を間違えれば最近Tik Tokで流行りのバイトテロなんてことにもなりますね。

 

ただ、炎上行為に関してはSNSの普及はあくまで発散要素でしかなく、根本原因は発信源であるバイトテロリストにあるわけです。SNSで有名になれる状況がこのような人を助長しているということもありますが、結局こいつらがおバカさんだというだけ。

 

 

一方、SNSの発信活動は正しい使い方をすれば、いい結果をもたらすような気がしています。

 

例えば教授に始まり周りの大学院生も、実名顔出しでTwitterアカウントを持っていて、論文についてツイートしています。

ちょっとアドバンスドな奴らになると、自分のウェブサイトを作って、そこにCV (履歴書みたいなの) を載っけたりもしています。

 

 

つまり、著名人ではないものの、彼らにとってのオフィシャルアカウント/ウェブサイトを持っているということです。

 

 

メリットは、自分を売ることができるということでしょうか。

具体的なイメージは就職活動。

LinkedInはビジネス用のSNSとして機能していますが、あくまでプロフィールデータベースやインサイドコミュニケーションの用途としてが一般的で、発信活動という点においてはあまり適したツールではないかと。

 

対してTwitterでは、論文情報をリツイートするだけで、

  • 自分がどのような論文を好んでいるか
  • そこにどのような解釈を乗っけているか

みたいなのがわかるわけです。

そして、数年間に渡って育成したSNSアカウントは、数時間で書き上げられる履歴書を上回る説得力をもつことでしょう。

 

 

個人的に、Twitterよりも強力なツールになるんじゃないかと思っているのがブログ。

もちろんこの場合、書く内容は日記ではなくサイエンス。

 

このMosalogyでも過去にちょいちょい書いていた論文紹介みたいなのを、もうちょっとかしこまった形で書いていけば、自分の文章能力や科学的知見・意見の積み重ねを披露することができる。もちろん英語でね。

 

 

そして、就職活動の際にはTwitterアカウントとブログのリンクをペタッと貼り付ければ、数ページのPDFが無限大のアピールポイントになる。という仕組み。

 

.....なんじゃねえかなぁって最近考えています。

 

明らかにデメリットは、

内容がしょぼかったときは自分の低レベルさがバレる

ということです。

 

しかし、こういうのって訓練みたいなところもあるから、やっていけば文章能力や科学的知見の奥深さも向上するんじゃなかろうか。

履歴書から飛んだ先に読む文章なんて、せいぜい新着記事の数件だろうから、就職活動の時期までに実力がアップしていればそれでいいのである。

 

 

もちろんネガティブなことを書くわけではないし、ある程度の見栄をはって発信することが有利に働くことは間違いないが、プライドが高いゆえに間違いを恐れて発信できない状況は、自分のレベルの低さを露呈するよりも不利なんじゃないかと思い始めています。

 

 

 

もちろんプライベートな日記なんてのは書く気はないし、そういうのは匿名のこのブログで書けばいいしね。

(このブログが実際どのくらい匿名性を保持しているのかは疑問ですが)

 

 

自分は就職どころか卒業もままならない現状にふさぎこんでいますが、最近はちょいちょい就職を意識するようにもなっています。研究以外の方向も視野に入れる、という意味で。

研究以外の分野では、自分のライティングの積み重ねを披露する事が有利になる業界もあるような気がしています。

 

 

最近は、今まで何も手を出していなかった学生団体の活動とかに参加してみようとアプリケーションを出したりしています。以前より少し積極的。

 

というのも、今までは

「研究すら上手くいってないやつが学外活動したところで全部中途半端になって破滅するよ」

と感じていたのですが、

「どうせ研究が上手くいかないなら他でアピールポイントあった方がマシじゃない?」

という考え方にシフトしているのです。

 

アメリカにいる学生は、本当にみんな色々やっていて履歴書すごいですからね。

今のままだとマジでニートです。

 

 

あとは、「どうせ応募してもそんな簡単に受かんねえから躊躇せずにアプライしちゃえ」とも考え始めています。始めから「忙しくなったらどうしよう」って考えてるなんて、実はどんだけ自信過剰なんだよって話。

 

 

 

ちょっと話はそれましたがSNSのアカウント。

 

でもねえ、

 

写真がない。

 

やっぱりこういうのって一眼レフで撮りました的な、ちょいオフィシャル写真みたいなやつがいいわけですよ。プライベート感満載の写真とかじゃなくて。

 

ってかよくよく考えると自分の写真ってまともなの一枚も持ってないわ。笑

 

 

LinkedInのプロフィールもそういうのに変更したい。

唯一手元にあったスーツ写真を使っていますが、カジュアル感がひどい。

 

 

なーんてことを考えていたらこのブログ更新も滞っていましたよって話ね。