Mosalogy

会社辞めてハーバードの大学院に来ちゃった感じ

リア充氏ねって言ったやつ出てこい

お久しぶりです。mosaです。

 

ここ最近はプライベートが充実していたためにブログどころではありませんでした。

ということは、頻繁に書いているときはプライベートが充実してないということでしょうか。命題が真なら対偶も真である。

 

一個前のエントリは金曜日。今日は火曜日。

ということで空白の土曜、日曜、月曜に何があったのかということですね。

 

土曜。

ボストン日本人研究者交流会というものに行ってきました。実はずーっと前に一度だけ行ったことがあって、今回は久しぶりで二回目です。

毎月二人ずつ、文・理系問わず自分の研究内容やらを一般ピーポー向けに講義します。質疑応答を含めて一人1時間。場所はMITの建物の中です。

 

一人目がプログラミングについて。二人目が乳がんについてでした。

直前にお腹ピーピーになってしまってトイレに篭っていたのですがなんとか時間に間に合いました。行くとお茶の缶とどら焼きがもらえます。

一人目はどら焼き食ってほぼ全部寝てしまいました。ごめんなさい。悪意はないです。

 

特技の欄に書けるくらい、どんな面白い講義でも寝てしまうのがぼくです。

 

講義自体は夕方4時過ぎに始まって2時間ちょいで終わるんですが、その後に行きたい人で懇親会が行われます。だいたいChampionsというKendall / MIT駅の目の前のバーの一角を貸し切って行われるようで、ぼくは初めて懇親会に参加しました。

 

いうて周りが知らない人ばかりなのでコミュ障炸裂した私ですが、謎のコミュ力を有する彼女に便乗してなんとか周りの人と少し話すことができました。

 

参加しているのは企業から派遣できているエンジニアやお医者さん、それから留学生など、なんともバリエーションに富んでいますが、共通しているのは日本でもトップクラスに優秀な人ばかりということですね。

 

普段うんことかおっぱいしか発言しない僕にとって、頭のいいひとの集まりはなんとも難しいです。

 

夜7時過ぎに開始した気がしますが、11時ちょい前くらいまでやっていた気がします。(ほぼ) 日本人のみの飲み会なので、グラスが空くと注がれてしまうという現象が起き、ひたすらビールを飲んで頭が痛くなりました。

 

 

日曜。

気づけばクリスマスシーズンが到来しており、街にはクリスマスツリーの電飾がいたるところに見受けられます。留学生にとってもクリスマスは避けられないイベントで、ホリデーパーチーなるものが各所で開催されます。

 

この日は、クラスメイトで毎年開催されるホリデーパーチーでした。

いつもは夜7時くらいの開催でしたが、今年はなぜか夕方5時集合。みんな遅れて来るだろうと思って1時間遅れで行ったら、みんな僕のことを軽く待っていた感じになっていて、なんとも申し訳なかったです。気合の入りよう。

 

場所は毎年同じで、Jamaica Plainにある同期のお家。一軒家のワンフロア丸々一人で借りていて家賃もそんなに高くないみたいで、毎年ファンシーなデコレーションとプロフェッショナルな料理が振る舞われます。

 

前菜は、ホタテと水菜系。メインがステーキにケッパーと特製ソースが添えられたやつ。デザートは、.....

 

一旦デザートは置いておいて、ホリデーパーチーに欠かせないものがクリスマスのプレゼント交換。このために集まっていると言っても過言ではないでしょう。

事前にWebサービス等を利用して、誰が誰のプレゼントを購入するかを決定します。みんなが内緒で知ることなので、「自分が誰のプレゼントを買うか」以外の情報はわからないようになっています。グループで決めた一定予算内で、その人向けのプレゼントを選んで持っていくわけです。

 

まあそんな感じでプレゼント交換を終え(何をもらったかは後述)、誰からもらったのかを暴露大会し、ようやくこのタイミングでデザート。

 

というのも、同期の一人が誕生日の時期だったので、サプライズでケーキ。おそらく自家製。自家製アイスもつけて、これがデザートです。

 

誕生日プレゼントも追加で渡して、無事イベント終了。

その後は来年の抱負でも共有し、毎年恒例のテレビゲーム。

 

僕は帰らなきゃいけなかったので、テレビゲームの前においとましました。

この時点で夜11時くらいでした。

 

ワイン飲みすぎて頭が痛い。吐きそうな夜。

 

 

そして月曜日。

ホリデーパーチーは各所で開催される。そう、この日は研究室バージョン。

うちのボスがBrooklineにあるHamiltonというお店のオーナーに話をつけ、普段は空いていない月曜の昼〜夕方のお店を貸切にしました。

 

もちろんお酒も飲み放題。ご飯も出てくる。

みんな飲んでるのでカクテルを飲みました。Thomas JeffersonやJames Madisonなど、アメリカ史に名を残した人物の名前がついたカクテルがメニューには並んでいますが、

 

なぜかNicolas Cageの名が。

 

ニコラス・ケイジです。役者です。浮いてます。

でも美味しかったです。

 

アメリカのバーで出てくるカクテルはアルコール度数が高く、日本のノリで飲んでいると死にます。

実際、僕と中国人のポスドクは大抵の時間を寝て過ごすことになりました。

 

「アジア人はよえーな」と白人にバカにされてイライラしながらも、実際寝てしまうほどに弱いので何も言い返すことができず、文字通り泣き寝入りでした。いや、泣いてはないけど。

 

とはいえ、シークレットサンタによるプレゼント交換会が終わるまでは寝ず、しっかりとプレゼントを渡し、自分もまたゲットしました。

 

しかし、帰るときまでお酒が抜けていなかったのでしょう。

 

イヤホンを無くしました。

 

失うものの方が大きかった疑惑が拭えませんでしたが、その夜にお店に電話したところ、翌日に電話があり、見つかったとのことでした。無事に回収しました。

 

 

この日はフラフラになりながら (酒で) 、夜の12時まで実験。出たデータは冴えないもので、一気に酔いもさめて涙目でした。どんなプレゼントよりも研究テーマが欲しいです。というかもうすっ飛ばして学位が欲しいです。

 

 

昨日。火曜日

特に何もないです。ただ連日の酒のせいか具合があまり良くなく、眠気が半端なかったです。イヤホンを取りに行ったりして。

 

書こうと思えばブログもかけましたが、プレッシャーになったりするようなら書かない方が精神的にいいので、昨日はやめておきました。

 

 

 

はい、という訳で、ゲットしたプレゼントが何かということですね。

 

まずは日曜。同期会。

 

f:id:mosalogy:20181220090932j:plain

相変わらず写真は適当にしか撮りませんが。

コーヒーグッズです。しかしいわゆるコーヒーメーカーではなく、コールドブリューという水出しコーヒーを淹れるものです。Peets Coffeeのコーヒー豆と一緒にもらいました。

 

まだ寒い冬なので、実際に使うのは夏になってからだと思いますが、簡単にできるのなら嬉しいですね。まだ開けてもないので、何か別売りのものが必要になってくることも否定はできませんが。まあフィルターペーパーあたりは絶対に要るよな....

 

ありがとうございます。

 

 

次。月曜。

 

f:id:mosalogy:20181220091243j:plain

大学院の先輩からもらいました。

カクテル作りが日本での趣味だったという話を聞きつけてか、バーの本をもらいました。

 

www.amazon.com

 

Waldorf Astoriaというホテルのレストランにあるバーのマネジャーをしていた著者による本で、「バーの教科書」と称されているようです。割と厚めの本で様々なカクテルのレシピが載っていますが、普通のレシピ本のように写真があるような本ではなく、カクテルの背景知識などが細かく書いてある「本」です。

 

一応言いましょうか。もちろん英語です。

 

去年もボスからクリスマスに本をもらいました。まだ読み終わってないです。

頑張ります。。。

 

そして写真の右側に写っているもの。これはRocketbookというところのEverlastというノートブックです。

 

www.amazon.com

 

 

もらったものに順位をつけるのもどうかとは思いますが、

 

 

これはダントツでいいです。

むしろ自分で買おうかと思っていたくらいです。

 

これは、水で濡らしたタオルなどでささっと拭くと綺麗に文字が消えるノートで、何度でも再利用できます。(正確には無限でないかもしれませんが)

 

ページの隅にQRコードが付いていて、専用アプリで綺麗に画像スキャンし、EvernoteやGoogle Driveなど、他のクラウドサービスにデータを自動で転送してくれます。

 

もちろん専用のフリクションペンも付いています。

早速使っています。スキャンとかリユースとか、そういうのを置いておいても書き味が良くてお気に入りです。

 

ありがとうございます。

 

 

 

まあこんな感じで珍しくリア充してたら、お酒のせいで死人になっていたというだけの話でした。