Mosalogy

会社辞めてハーバードの大学院に来ちゃった感じ

雑記メン

mosaです。非生産的な一日を過ごしてしまった。

 

しかし私が通っているハーバードメディカルスクールは、私以外優秀な人たちであふれています。ここから未来の医療の発展が生まれていると言っても過言ではない訳です。

 

そして今回、そんなハーバードメディカルスクールに過去最高額の寄付金が支払われたそうです。

 

Harvard Med Gets Record Gift From Blavatnik to Speed Research

(Bloombergの記事リンク)

 

$200 Millionということは、日本円でざっと200億円くらいでしょうか。

そんなにあったら何しようかな。俺だったら教授に金積んで研究テーマもらうね。

 

そんな事言ってる場合じゃないですね。勉強しないと。。。。。

 

家にいるとどうしてもダラけてしまうな。かと言って研究室だと邪魔される。

カフェでも行くか。

 

 

 

まあカフェに行く前に、これだけだとちょい短すぎるので何かを書こうと思った時に。

 

 

頭の中でうだうだ考えてしまうタイプの私ですが、似たような人って結構いると思います。

ずーっととらわれるように考えてしまうのです。僕の場合は自分の実験データについてとか。だから授業やセミナーに出ていても、気がつけば頭の中はそっちでいっぱいになってしまって、受講内容を全く吸収できていない、ということが多いです。

 

 

「講義が全く聞けない」症候群の人、僕以外にもいるんじゃないかな。

頑張って聞こうと思っても、気がつけば今日の献立どうしようとか、そういうどうしようもないことにずっと思考を巡らせてしまう。

 

 

そんな自分を治したいと思った時に、アウトプットすればいいんじゃないか、と思った訳です。

どこで仕入れた情報かは忘れましたが (多分複数の情報源) 、紙やパソコンに一度ネガティブな感情を書きなぐってしまうと、しばらくはスッキリするよってやつ。

 

そして頭の中の整理にもなるから、解決策も見つかる可能性もあるし。

なおかつ僕みたいにブログで発信している人ならば、それを読んだ人が答えを知っていて教えてくれるかもしれないし。

 

 

幸い僕のブログは完全自分用と割り切って、アフィリエイトもしてなければ広告も貼り付けていないです。学生ビザでの留学中に金を受け取ると厄介なので。

 

 

まあ今のうちにいいブログを書いておいて、いざ稼げるようになったら広告をつけるってのもありなのかもしれないけど。とりあえずは日課として何かしら書きなぐる事を目標としています。

 

だから、愚痴や病み文を書くのは別として、頭の中のモヤモヤを吐き出す場としては絶好なのではないかと思った訳です。

 

例えば、今はカフェに行って昔にプリントアウトした総説でも読もうと思っている訳ですが、いま出かける前に悩みを書き出してしまえば、少なくとも読んでいる間は集中できるのではないか、という事です。

 

 

さて、それでは一発。でも、お悩み相談室ではないので、あくまで自分が読んでわかる程度でいい気がします。

 

  • CRISPR/Cas9 (レンチウイルスベクター) でマクロファージから遺伝子を欠損させた時に、抗生物質で耐性細胞を選択した後も、(少なくとも機能的に) その遺伝子が欠損している割合が少なかったから、シングルセルクローンを単離してみた。
  • そしたら、ノックアウトされた複数のクローンでは刺激に対する応答がほぼ弱くって、コントロールベクターを入れたプールからとったクローンたちよりも応答性が低い。
  • ところがどっこい、このコントロールのクローンのばらつきが如何せん大きい。全く応答しないクローンが一個ある。
  • だからコントロール群 (6クローン) のばらつきが大きくて、エラーバー付きのグラフを作ってみても差があるように見えない。統計処理での有意差はもちろんつかない。(統計処理を過信しないタイプなので有意差にはそこまでこだわらないが)
  • ちなみにコントロールのクローンも、Cas9が発現していることは確認済み。
  • というわけで、この不応答なクローンをポイっと除くことはできない。そんなことしたらランダムな実験じゃなくなってしまう。毎回の実験で同じ結果だから、外れ値として除外するのもなんか違う気がする。人的エラーじゃないし。
  • どうするかって言ったら、とりあえずクローンを増やすしかないのかなぁ。これ以上増やしたらもう細胞培養大変すぎて死んじゃうよ。。
  • じゃあやっぱりポリクローナルで比較できるように、遺伝子編集の効率をあげるしかないのかな。
  • あとは実験回でのばらつきだなぁ。同じような結果でも、y軸の値が違いすぎてまとめるとエラーバーが大きくなる。かといってrepresentativeとしてデータを出すのは主義じゃない。あれってどういう意味で代表なのかが曖昧じゃんね。

 

...............。

あーカフェ行く時間なくなっちった。