Mosalogy

会社辞めてハーバードの大学院に来ちゃった感じ

鳥の卵は恐竜の卵から (Nature. October 31, 2018)

雨が降ったり止んだり、ボストンの天気は良好ではありません。

この時期に湿った地面を歩くと、靴裏に落ち葉がいっぱいついて大変なことになります。

 

あ、mosaです。

 

趣味とまではいかないですが、一応の日課として軽い筋トレを毎日おこなっています。

食事も、そういう観点からタンパク質に富んだ物を食べるので、鶏肉や豆類、そして卵がメインになります。

 

 

卵のお話。

 

僕らが卵といえば、スーパーに売ってる白いやつを想像しますが、もちろん鳥の卵は白色のみではありません。

(スーパーに売ってる卵ですら、茶系の物やうずらの卵とかもありますしね)

 

鳥類学者的には、鳥の卵は近現代になって独自に進化して色を得たと考えられていたそうです。巣作りの環境とかで、必要な色とかも変わってくるんでしょう。カモフラージュとか。実際、色付きの卵を産むのは鳥類のみで、他の生き物は基本的に白い卵を産むそうです。

 

とはいうものの、様々な色合いがあると言われている鳥の卵、二種類の色素で構成されているんだそうで。

赤茶色のプロトポルフィリン IX (protoporphyrin IX) と青緑色のビリベルジン (biliverdin) だそうです。

 

んで、世界中の恐竜の卵殻の化石をラマン分光で解析してみたら、実はオヴィラプトルとかいう二足歩行の恐竜の卵もこの青緑色の色素を保有しているということがわかったんだそうで。Yale大学の研究です。こういう研究、大変そうだけど何かを見つけた時の喜びや感動は大きそうだな、と思います。

www.nature.com

 

なんかジュラシックパークで有名な恐竜らしいです。

映画を観たのが昔すぎて何も覚えてない。。笑 てか第一シリーズしか観てないな。

 

 

鳥類の卵の色、実は昔をたどると一種の恐竜が起源だったんだ、という論文だそうです。

 

原著論文は門外漢には読みづらく、ざっと読みが難しいので、こういうのは取り上げたニュースや雑誌の記事をいくつかまとめて読んだ方が大まかに内容を掴めます。

 

例えば、

Fossil Pigments Reveal Dinosaur Origin of Bird Egg Colors - Scientific American

 

Dinosaurs put all colored bird eggs in one basket, evolutionarily speaking | YaleNews

 

Birds Got Their Colorful, Speckled Eggs From Dinosaurs : NPR

 

こんなんとか。

 

ぶっちゃけ、生物学の研究論文とかでもちょっと親しみのある分野から外れてたりする場合はこういう手法で大まかな内容を把握してから原著論文に臨むこともあります。

 

恐竜の卵はタンパク質が豊富なのかな。食べてみたい。