Mosalogy

会社辞めてハーバードの大学院に来ちゃった感じ

プレジデンシャルメンヘラート

 

携帯はiPhone SE、mosaです。

最近のiPhoneはでかくてポケットに入りづらくないんすかね。

XSなんて全然そそられないし。ポートレートモードなんてどうでもいいし。

べ、別に逆光に強くなくたっていいもん。。。

 

 

 

ちょい欲しい。。笑

まあどうせ大して携帯使わないからいいけど。

 

 

そして、アメリカで携帯をお持ちの皆様は体験したことと思います。

 

これね。

 

f:id:mosalogy:20181004064016j:plain

 

アメリカ東海岸時間の午後2時18分に皆の携帯が一斉になるわけです。

(写真のは3時間後にスクショしたもの)

よくあるじゃないですか、地震や大雨洪水警報で携帯がブイーンブイーンってなるやつ。エロ系見てる時に鳴るとびっくりするやつ

あれと一緒な感じです。

 

 

Presidential Alert...テスト送信。。

「もしやこれはトランプ大統領が皆に送信しているのか...?

まるでディーラーがデッキから一枚一枚トランプを場に配るかのように...?

てかどっちかっていうとお前がジョーカーじゃないのか?

むしろなぜミドルネームのJはジョーカーのJじゃないんだ??」

 

なんて思ってる人もいるとかいないとか。

 

 

 

実はこれを送っているのはFederal Emergency Management Agency (FEMA) という組織で、それこそ災害警報を送っているのと同じ組織です。大統領の意向を元に送られています。

 

そんで、このアラートは急にきたわけじゃなくて予告されていたんですね。

 

 

9月20日に送る予定でしたが、ハリケーンがきてしまったので見送られていたんですね。本当の災害が起きてる時にテスト送信したらややこしいですからね。

 

それにしても、なぜ午後2:18という中途半端な時刻なんでしょうか。

あと32分待てば日本の首相にふさわしいと僕が信じてやまない江頭2:50と同じ時刻になれたのに。(ほんとは午前だけど。) おめーらクールジャパン見習えや。

 

 

 

僕は知らなかったんですが、一般の災害警報アラートはサイレント設定や受信拒否設定ができるそうです。

 

が、こちらのPresidential Alertは拒否できない。

 

これが一番の違いです。

 

「着拒しようとしても無駄よ。もう私からあなたは逃げられないの。

携帯番号変えたって、電波をオフにしたって、どうしたって、あなたの携帯の中で私は生き続けるの。」

 

控えめに言ってメンヘラじゃねえか。

シイナナルミ・J・ヘランプだいとーりょー

 

 

これは戦争フラグなのでしょうか?

もうみんな平和にやろうよ。