Mosalogy

会社辞めてハーバードの大学院に来ちゃった感じ

オレオ詐欺にご注意を

mosaです。

人は誰しもそれぞれ「自分ルール」を持っていると思います。他人には理解しがたいやつ。

 

僕の自分ルールは、

「オレオとプリングルスとM&Mは新しい味を見つけたら、買って食べる」

です。

 

なんとも自分に厳しくないルールですね。

ただその分、一度食べた味や、他のスナック菓子は食べないようにしていますが。

 

 

日本だとヤマザキナビスコのオレオがもう販売されていないそうですが、アメリカのナビスコは非常にノリノリです。

 

 

とある地元のスーパーマーケット。

 

f:id:mosalogy:20180924053737j:plain

 

みてください、このオレオの種類の数を!

 

この棚にあるだけでも、

  • プレーン
  • ゴールデンオレオ
  • レモン
  • ミント
  • ピーナッツバターパイ
  • ピスタチオ
  • チョコレート
  • シナモンバン
  • ストロベリーショートケーキ
  • ココナッツ
  • アップルパイ
  • ミッキーマウス

の味の種類があります。この味の中には、普通のオレオの形状ではなく、

間のクリーム量が2倍のダブルスタッフや逆に全体的に薄型のThinなどの形状もありますし、最近だと全体にチョコがかかったもはやオレオ感のないThin Bitesというシリーズもあります。

 

ここに挙がっていない期間限定のフレーバーもいくつも食べたことがありますが、今回は、この中で新発売である

  • アップルパイ
  • ミッキーマウス

のオレオを買いました。

 

f:id:mosalogy:20180924054543j:plain

 

アップルパイオレオは、クッキー部分がグラムクラカーの味、中のクリームがアップルパイの風味となっております。

 

ーーーで、ミッキーマウスオレオとは?ドブネズミの味わいでもするんですか先生!?

 

そうですね、はい。外側のクッキーがネズミ捕り、中のクリームがネズミの体液の味わいとなっておりますので、これからの季節にオススメですよ。

 

 

実はこちら、ミッキーマウスが今年で90歳だということで記念に作られた期間限定モデルのようです。味はバースデーケーキオレオという、通期で販売されているオレオの味が採用されています。

 

 

実際に一枚取り出して見てみましょう。

f:id:mosalogy:20180924055108j:plain

 

クッキーにミッキーがいますね。

絵柄は3種類あるようです。

 

中を開けてみると、このようになっています。

f:id:mosalogy:20180924055241j:plain

 

開けた時にグチャってなってしまってすみません.....

 

クリームの中にカラフルなつぶつぶが入っているのが見えますでしょうか。

イメージは、クリームがバースデーケーキでこのつぶつぶがキャンドルらしいです。

 

実際そう見えるか、というのは目をつぶっておきましょう。

味わいは普通のオレオよりも少し甘いかな?という感じです。どことなく生クリームかんが強いというか。

 

というか正直に言うと、

 

普通のオレオの味を完全に忘れてしまった...

 

そう、自分ルールでは新しい味しか買わないので、プレーン味のオレオはもう久しく食べていないのです。今後食べる機会があるとしたら、何かのパーティ等で出てくるか、他人にもらうかしたときでしょう。

 

 

ところで、今回のミッキーオレオがバースデーケーキオレオの味を使っているように、

期間限定商品で、「クッキーの絵柄だけ変えたオレオ」をよく販売してきます。

 

今だったらハロウィンオレオ、冬になってくればウィンターオレオなど。

これらの味わいはプレーンと一緒です。

 

 

一度だけ昔に「新作だ!」と思ってウィンターオレオを買って食べたことがありますが、

「なんかプレーンとあまり味が変わらない気がする。」

と思って食べていたら、バッチリ同じ味だってパッケージに書いてあるのに後で気がついたことがあります。

 

 

なので、「変わった味のオレオをアメリカ旅行のお土産に」と考えているそこのアナタ。

クッキーの絵柄だけ違うけど味が同じ、という「オレオ詐欺」に騙されないように気をつけてくださいね。