Mosalogy

会社辞めてハーバードの大学院に来ちゃった感じ

GAME OVER

各方面で悩みは尽きない。

相談しても色々言われると逆にストレスで逆効果だし、そもそも相談相手などいない。



精神は少し安定してきた気もするがよくわからない。ぶっちゃけどうでもいい。

幼少期からもともと喜楽がなくて怒哀しかない人間なので、いっそ全ての感情を失いたい。



漫画すらまともに読めない活字アレルギーで勉強嫌いの僕でも、いちおう科学においてちょい興味のある分野というのはあって、今まではそれについて研究をしてきたつもりだ。



うちの研究室は自分でテーマを考えろというスタンスで、ボスはあくまでサポート。

そんな中で自分は色々と勝手にやってきて、長い間うまく行かねえなって思ってたけど、ようやく光が見えてきたかなっていうところ。



突然、ボスに「いい加減それやめてこっちのテーマやったら」とテーマを提案されました。


言い方は柔和でも、つまり今までの内容は全否定。「変えるなら今だ」と。



「おまえは自分でテーマを出す能力はないから、邪魔だし大人しく他人のテーマやってさっさと卒業しろ」という戦力外通告ともとれる。


言った本人にその意図はなくとも抽出できる時点でそれがエッセンスだ。


自分でも認めざるを得ない。


いま目の前に差し出されたレシピでは確かに美味しいものが作れるかもしれないが魅了されない。これまで自分で試行錯誤でやってきた料理の方が味は悪くとも苦しくとも好きだ。


ただ他人の金で食材を買っている以上、そんなことを言う権利もない。



いまこのレシピを受け取って卒業すれば、取得した学位が仮に料理研究家の登竜門に相当しても実際には料理研究家にはなれない。資格があったとしても資質がない。



飲食店の厨房に入ることはできるが料理本を出すことは不可能だ。

「レシピも思いつかないやつ」であることを自他ともに認めて卒業するからだ。同じ免許を保有してても、「自力でレシピを生み出して美味しい作品を作った人」と「レシピ通りに作って美味しくできただけの人」では雲泥の差だ。後者に需要はない。



なので、例えがややこしいことを承知しつつ話を戻すと、

いまこれを選択すれば卒業後の自分の科学界での需要はゼロ。自分でも役に立つ気がしない。


しかし実際には選択権はない。


つまり卒業後は科学外の進路を選ぶだろう。PhDを持っていることそのものが価値であり、その中身は関係ない世界だ。


正直卒業後の進路は未定だったけど科学企業の研究員とかも考えていた。



もうそれも終わり。

もちろんビジネスの世界に行くなら今の研究に加えて就活前にmini MBAの類の基礎学習は必要だ。アメリカの就活市場は非常に厳しい。


アメリカで生き残るのはほぼ不可能だろう。



「ハーバードのPhD」を適切に評価できない東京の企業のどっかに入って年収1000万にも及ばずパソコンカタカタやる生活が現実的か。



ろくな人生じゃねえな。

戦力外通告される無能な自分にはふさわしいか。


眠い


3時間寝るか



生存報告

気づけば結構放置していたこのブログ。

書くことがない。気力もない。

 

よくあるメンヘラ病みブロにはしたくないので無駄に変なことは書きたくないのですが。

 

最近は外に出られなくなったり、実験中に急にわけもなく涙がどっと出てきたりします。

むしろそれを見られないように、人がいる時間に外に出ないというのもある気がしますが。

 

 

今日は朝実験してからほぼ丸一日家で寝てました。あとでまた学校行きます。

 

寝ると涙が出にくくなるので、休養は大事だと学ぶ。

また時間をかけて元気になったらブログ書きます。

 

 

留学は大変だね。いや自分が無能なだけか。

じゃ

 

 

そろそろ実名で活動をした方がいいのだろうか

SNSが発達してるこの時代。

使い方を間違えれば最近Tik Tokで流行りのバイトテロなんてことにもなりますね。

 

ただ、炎上行為に関してはSNSの普及はあくまで発散要素でしかなく、根本原因は発信源であるバイトテロリストにあるわけです。SNSで有名になれる状況がこのような人を助長しているということもありますが、結局こいつらがおバカさんだというだけ。

 

 

一方、SNSの発信活動は正しい使い方をすれば、いい結果をもたらすような気がしています。

 

例えば教授に始まり周りの大学院生も、実名顔出しでTwitterアカウントを持っていて、論文についてツイートしています。

ちょっとアドバンスドな奴らになると、自分のウェブサイトを作って、そこにCV (履歴書みたいなの) を載っけたりもしています。

 

 

つまり、著名人ではないものの、彼らにとってのオフィシャルアカウント/ウェブサイトを持っているということです。

 

 

メリットは、自分を売ることができるということでしょうか。

具体的なイメージは就職活動。

LinkedInはビジネス用のSNSとして機能していますが、あくまでプロフィールデータベースやインサイドコミュニケーションの用途としてが一般的で、発信活動という点においてはあまり適したツールではないかと。

 

対してTwitterでは、論文情報をリツイートするだけで、

  • 自分がどのような論文を好んでいるか
  • そこにどのような解釈を乗っけているか

みたいなのがわかるわけです。

そして、数年間に渡って育成したSNSアカウントは、数時間で書き上げられる履歴書を上回る説得力をもつことでしょう。

 

 

個人的に、Twitterよりも強力なツールになるんじゃないかと思っているのがブログ。

もちろんこの場合、書く内容は日記ではなくサイエンス。

 

このMosalogyでも過去にちょいちょい書いていた論文紹介みたいなのを、もうちょっとかしこまった形で書いていけば、自分の文章能力や科学的知見・意見の積み重ねを披露することができる。もちろん英語でね。

 

 

そして、就職活動の際にはTwitterアカウントとブログのリンクをペタッと貼り付ければ、数ページのPDFが無限大のアピールポイントになる。という仕組み。

 

.....なんじゃねえかなぁって最近考えています。

 

明らかにデメリットは、

内容がしょぼかったときは自分の低レベルさがバレる

ということです。

 

しかし、こういうのって訓練みたいなところもあるから、やっていけば文章能力や科学的知見の奥深さも向上するんじゃなかろうか。

履歴書から飛んだ先に読む文章なんて、せいぜい新着記事の数件だろうから、就職活動の時期までに実力がアップしていればそれでいいのである。

 

 

もちろんネガティブなことを書くわけではないし、ある程度の見栄をはって発信することが有利に働くことは間違いないが、プライドが高いゆえに間違いを恐れて発信できない状況は、自分のレベルの低さを露呈するよりも不利なんじゃないかと思い始めています。

 

 

 

もちろんプライベートな日記なんてのは書く気はないし、そういうのは匿名のこのブログで書けばいいしね。

(このブログが実際どのくらい匿名性を保持しているのかは疑問ですが)

 

 

自分は就職どころか卒業もままならない現状にふさぎこんでいますが、最近はちょいちょい就職を意識するようにもなっています。研究以外の方向も視野に入れる、という意味で。

研究以外の分野では、自分のライティングの積み重ねを披露する事が有利になる業界もあるような気がしています。

 

 

最近は、今まで何も手を出していなかった学生団体の活動とかに参加してみようとアプリケーションを出したりしています。以前より少し積極的。

 

というのも、今までは

「研究すら上手くいってないやつが学外活動したところで全部中途半端になって破滅するよ」

と感じていたのですが、

「どうせ研究が上手くいかないなら他でアピールポイントあった方がマシじゃない?」

という考え方にシフトしているのです。

 

アメリカにいる学生は、本当にみんな色々やっていて履歴書すごいですからね。

今のままだとマジでニートです。

 

 

あとは、「どうせ応募してもそんな簡単に受かんねえから躊躇せずにアプライしちゃえ」とも考え始めています。始めから「忙しくなったらどうしよう」って考えてるなんて、実はどんだけ自信過剰なんだよって話。

 

 

 

ちょっと話はそれましたがSNSのアカウント。

 

でもねえ、

 

写真がない。

 

やっぱりこういうのって一眼レフで撮りました的な、ちょいオフィシャル写真みたいなやつがいいわけですよ。プライベート感満載の写真とかじゃなくて。

 

ってかよくよく考えると自分の写真ってまともなの一枚も持ってないわ。笑

 

 

LinkedInのプロフィールもそういうのに変更したい。

唯一手元にあったスーツ写真を使っていますが、カジュアル感がひどい。

 

 

なーんてことを考えていたらこのブログ更新も滞っていましたよって話ね。

はいしゃ復活戦 画像あり

mosaです。

 

 

いきなりですが、僕は負け組です。

 

 

...歯並びが。

 

 

 

他のことは今はそっと脇においておきましょう。

 

 

 

子どものころ、ゆっくりと上の歯が前に出てきたのです。

ゆっくりすぎて、気がついたら小学生の時にへんな出っ歯くんになっていました。

 

 

大御所芸人のように真ん中の歯が前に出ているわけでもなく、

昔のアイドルみたいに八重歯が可愛いとかいうことでもなく、

 

その間の部分が前に出ているのです。

 

 

 

実は数ヶ月前に親知らずを抜きました。食べ物が挟まったりたまに痛んだりして辛かったので。

 

mosalogy.hatenadiary.com

 

あれからというもの、歯が痛むこともなくなり、実生活において歯の問題は特にありません。

 

 

...見た目を除いては。

 

 

 

親知らずを抜いたのも、そのあとに歯列矯正をしたいというのもあってのことです。

 

実は抜歯後に再度、歯科医院に行って写真をとって、Invisalignという所に矯正デザインを依頼してもらっていました。写真を取りに行ったのは11月末か12月頭のことだっただろうか。

 

 

今日、また歯医者さんに伺って、それについてざっくりと説明を受けました。

僕もこの歯列矯正デザインのマイページにアクセスすることができて、自分の歯をどのように矯正するのかのシミュレーションが見られるようになっています。

 

 

 

というわけで、全く需要がないですが、僕の歯並びを公開してしまいましょう。

 

画像はスクリーンショットです。

色々と画面をいじって自分の歯を全角度から見ることができます。

 

こちらは現在の状態。

f:id:mosalogy:20190223065635p:plain

上記の意味がわかったでしょうか。上の歯のへんなところが前にぴょこっと出ているのです。歯並び悪いですね。

 

 

 

そしてこちらが、矯正後の状態。

f:id:mosalogy:20190223065806p:plain

だいぶよくなったのではないでしょうか。

 

 

いや、まだ何もやってないけど。

 

 

実際のウェブ上ではムービーとして再生することもできるので、自分の矯正に夢が膨らみます。

 

 

 

 

さて、気になるお値段ですが、事前のレントゲンや事後のクリーニングを合わせて、$5,000-$5,500の間くらいになりそうな感じでした。

 

矯正の為だけに歯科保健に入ってもあまり値段的に得になることはなさそうな雰囲気でした。

 

 

 

もちろん安くはないんですが。僕、貧乏学生なので。

 

 

 

しかしここはアメリカ。歯並びも就活とかに影響しそうです。

 

 

 

なんのために日本でハイスペックお兄さんやってたと思ってんだよ!

これのために日本で稼いできたんじゃ!

 

 

ということにして、思い切ってやってみようかなぁって思ってます。

 

30歳にもなって矯正つけてるの見られるのはまあ恥ずかしいんですが、一生の恥よりは一時の恥を選んだ方が良いのかなということで。

 

 

 

というわけで、負け組から頑張って這い上がってみせるぜ!

 

 

 

 

 

 

 

.....歯並びだけな。

【超簡単】心機一転したい時に毎週できる裏技

mosaです。もはやTwitter並みに短いブログ更新を目指そうかという域に達しています。

 

さて、心機一転という言葉はとてもポジティブな響きがしていいですよね。

新学期、連休明けなど、気持ちを入れ替えてもう一度毎日の暮らしを頑張ろうと感じるあの感じ、よくないですか?

 

 

でも、なかなかそういう場面って来ないじゃないですか。頻繁に長期休みがあるわけじゃないし。

新学期が始まったところで、ものの1週間でダレてしまって、すぐマンネリ状態。

気持ちも塞ぎ込む。

 

「なんの変わり映えもしない毎日か。。」

「どうせ今日も仕事うまくいかねぇんだろな。。」

みたいな。

 

 

特に僕は土日と平日で研究のスケジュールが変わるわけではないので、こういう切り替えが難しかったりします。

 

 

こんな時に大切なのがリフレッシュ!

気持ちを入れ替えたい時に、みなさん何をしますか?

 

毎日が変わり映えしない、そんな感覚を解消したいわけですから、普段目に入るものを新しくすればいいのです。

 

そう、模様替えです。

 

 

お部屋の模様替えをした時って、ものすごく「心機一転頑張ろう」感でてきませんか?

 

 

 

おいおいちょっと待てよmosaさんよ。

部屋の模様替えは確かにいいよ。カーテン買い換えるだけでだいぶ気持ちも新しくなるよ。でもさ、、

 

 

 

そんな頻繁にできねえよ!??

 

 

そんなあなたに朗報です。

 

これと同じ原理を活用して、もっと簡単にリフレッシュできそうじゃないですか?

 

 

 

普段めちゃくちゃ目にするものを変えればいいのです。

 

 

そう、

 

 

 

携帯の待ち受け画面。

 

 

 

なーんだ、って思ったでしょ?

 

でも、やってます??やってみ?まじで変わるから。

 

 

 

SNSが発達している昨今、僕らはもはや自分の部屋にいる時間より携帯電話を眺めている時間の方が長い可能性だってあります。

 

そんな携帯の待ち受けを毎週月曜に変えたらどうなるか。

 

 

 

先週とは違う「今週」を楽しむことができます。

 

 

僕の場合は、iPhoneの待ち受け画面を扱っているサイトでまとめて写真をダウンロードしておいて、毎週日曜の終わりらへんにロック画面を変更します。

 

(ホーム画面は真っ黒にしてます。見やすいので。)

 

 

 

 

これをTwitterに書くとしたら

携帯の待ち受け画面を毎週頭に変えるだけでものすげーリフレッシュできるよ!まじじおすすめ!

 

と50文字以内で表すことができるので、自分がいかに無駄な文章を書いているかがわかりますね。笑

今日も待ってた

病み上がり。しっかり外出可。

外は雪。おれはmosa。

 

もうすぐ冬も終わるはず。ボストン。

 

 

 

さて、こちらもついに出ましたね!

ノンラビことNon Stop Rabbitのニュー(ミニ)アルバム「自力本願」

 

www.youtube.com

 

 

動画はトレーラーなので各曲は短めですが。CDジャケットの写真もみれます。

 

個人的には最初と最後の曲が好き。最初の曲はゴッドタンの主題歌にもなるみたいですね。

 

ゴッドタンはまともに観たことないけど。

映画だけ観たな、劇団ひとりの才能がやばい。

 

 

 

 

 

話は逸れましたが、全体的には前のアルバムの方が好みではあるかもしれない。

まあ個人の好みです。

 

でもなんだかんだ言って聴いていると癖になるような音源が多いんですよね。

 

 

これからしばらくはワンオクとノンラビのアルバムを聞き流す日々ですね。

 

 

たまっていくポッドキャスト。。。

 

 

 

 

あい、今日はそれだけ!

 

 

短く書くことを自分に許さないとブログなんて続かないのである。

気まぐれや。